我的愛好

台湾ドラマと台湾と食べ飲み歩きと、たまに沖縄

不良笑花 8話

最初は全然かっこよくないじゃーん、と思っていたウィルバー・バンだけど

最近はちょっとステキに見えてきちゃいました。

これぞ台湾偶像劇マジック。

大事な資料を吉諾に盗られ、唐門に渡されたのはレストランのメニュー。

社長は吉諾から小花の名前を聞いて、彼女を疑います。

まぁ、当たり前っちゃー当たり前です。

でも何のことだかさっぱりわからない小花。

社長に責められ、思樂は彼女をかばうも、かばいきれず、小花は豆子とともにクビに。

江蜜はついに思樂に小花がお金目的だと言い、信じない思樂。

しかし温泉での唐門と小花の動画を彼に見せられて、ショックを受ける思樂。

江蜜から電話をもらった唐門。

何があったか心配になり会社に向かい、事情を知る唐門。

小花は既に会社を去った後。

携帯も繋がらず、心配して探す唐門。

思樂にも拒否されて、フラフラで小花が辿り着いたのは唐門の家。

「あなたなら信じてくれるよね」大泣きの小花を抱きしめる唐門。

落ち込む思樂に告白をする江蜜。江蜜って思樂のことが本当に好きだったんですね。

親友に自分の好きな子を取られたと思い込む思樂は彼の家へ。。。

以前から知り合いだったのになぜ隠していた?

どーしてウソをついた?

温泉の夜での出来事は?

唐門の説明も信じず、彼に殴りかかる思樂。

「小花のことを何も理解していないじゃないか!」と怒る唐門。

(そーだ、そーだ!!と私の心の声。)

小花が止めに入り、自分は玉の輿狙いだったし、唐門は何も悪くない。

全部自分が悪くて、吉諾に資料を渡したのも私だと・・

どーしてそんなウソをついたのか聞く唐門に小花は「どんなにがんばっても上流階級には向かない」「外見を変えても私の中身はクリスマスツリーのままなの」と。

そんな小花に「クリスマスツリーは世界で一番美しいもので、小花みたいだ」と。

何コレ?いつの間に唐門、こんなやさしい男になっちゃって。

小花の家族っていいな。

パパもおばあちゃんも小花のことを信じて、とても愛している。

当たり前だけど、思樂のママや唐門のパパを見ちゃうとね。。。

小花のお店に行った思樂ママ。

思樂ママと小花のパパ、知り合いだったようですね。

しかも昔はかなり親しかった様子。

小花と思樂は小学校の同級生だったから親同士も顔見知りになりそうなもんだけど、小学校の授業参観は小花のおばあちゃんが行っていたから、顔を合わせていなかったみたい。

思樂ママ、パパを見て急におとなしくなっちゃって、あんなに小花のことを疑っていたのに、ちゃんと調べると。

う〜ん・・・この2人、怪しいですね。