我的愛好

台湾ドラマと台湾と食べ飲み歩きと、たまに沖縄

晴れのちボクらは恋をする 20話♪

ユンチャオの反撃が始まりまった20話。。。


まずは鏡に映ったユンチエ
鏡に映る顔って、違って見えます

 
そしてうたた寝シーン

ユンチエが担当していた事業の成績が思わしくなくて、その責任をとって社長を辞任。
出資しているシンチエのパパが会議で、ユンチャオをバックアップします。
いくらかわいい娘の婚約者だからって、こんな大事なことに私情をはさむのはどうなの〜!?

気分良く酔って帰宅のユンチャオ。
「アニキは落ちこんでいるんじゃない」なんて言っていたけど、そうでもなさそう

デキる兄貴、ユンチエの器はそんなに小さくないんです。
役員会が終わってから、今までの取引先に挨拶周りをしていたユンチエ。



私情をはさむ弟&その将来のお父さんに比べて、ちゃんと会社のこと&ユンチャオのことを考えています。

仕事が暇になっても、胎教や育児教室など・・・やりたいことはいっぱいあるから〜
って何でいい男なんだ!

「全力で君のことを守る」



この道・・・Mikeの過去のドラマでおなじみですねー
やっぱりいい感じの2人
もう契約なんてナシでいいんじゃない〜?

暇になったユンチエはシャオニエンと一緒に過ごすが、ママから連絡がないと寂しがるシャオニエン。
ユンチエはワン・ランの元を訪ねるが、ホァンプロデューサーが「中国へ帰った」と・・・

友達を訪ねて中国へいくユンチエ。ついでにワン・ランの様子も見てくると。
行く前に空港でヨンヨンへ「体を大事にしろよ。お腹の子もな」って

中国でワン・ランを訪ねたユンチエ。
「シャオニエンにはもう会わない」という彼女。
あの夜、ユンチエに拒絶されてから変わったのか?何かあったようですね。
ずっと座ったままだったし・・・

今回のツボシーンはこの空港で、時々振り返りながらヨンヨンに合図を送るユンチエです。