我的愛好

台湾ドラマと台湾と食べ飲み歩きと、たまに沖縄

晴れのちボクらは恋をする 25話(最終話)♪

最後の最後まで、二姐の口の軽さが功を奏した最終話

中国へ行く前にシャオニエンに会いに行ったヨンヨン。

結果的にワン・ランと話をすることになってしまったんだけど

ワン・ランがホント、ひねくれてるというか、意地悪です

そんなワン・ランに「昔のあなたに戻ってほしい」と言うヨンヨン

会社を辞めて一緒に中国へ行こうとしているユンチエだけど、ヨンヨンは別れを決めている模様。

台湾最後の夜、ケーキをごちそうして、何も言わず笑顔で終わらせようと・・・


我的愛好


施設に挨拶に行った時に、園長から手作りパンを売って収入を・・と考えていると聞いて、それを手伝おうと思ったんですね。

ワン・ランに会った時には、ユンチエと一緒にいるつもりはないようなことを言っていたけど、特に別の計画があったわけではなかったのかー

ヨンヨンと話をして、目が覚めたワン・ランはユンチエとヨンヨンの物語を小説にして、ユンチエに渡します。

台湾ドラマらしく、意地悪なライバルも最後はいい人に・・・

同じ飛行機に乗ろうと空港で待つ、ユンチエにユンチャオが電話


我的愛好

ヨンヨンの代わりにホテルで働くようになった二姐が口を滑らせてしまったお陰で、ヨンヨンが中国へ行かないことを知って、ユンチエに連絡したのでした。

ユンチエの想いをやっと海へ捨てて、施設の園長が用意したお店へヨンヨンが到着すると、待っていたのは先回りして到着していたユンチエでした。


我的愛好


我的愛好


我的愛好


我的愛好

泣きながら話すヨンヨンを見つめるユンチエの唇が震えているのが印象的ラブラブ