我的愛好

台湾ドラマと台湾と食べ飲み歩きと、たまに沖縄

美樂加油 7話?♪

遅くなりましたが新年快樂〜クラッカー

今年もMikeのことと、私が好きな台湾ドラマについて

のんびりと語りたいと思います。

よろしくお願いします。

新年一発目の更新は、美樂加油

日本での放送も決まってるみたいなので、楽しみですね★

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

以風と瑄瑄をぎゃふんと言わせて、気分良く?屋台でご飯を食べる2人。

この屋台、あんまり美味しくなさそう・・・だけど、このオヤジさん(台湾ドラマにはよく出てきますよね^^)の人柄が良さげ。。。

以烈の車で美樂を家に送っていくと、ちょうど美樂の家から出てきた韓ママと以烈の妹。

以烈が以風から美樂を奪ったと思ったママは、以烈をビンタ叫び

以烈を一方的に責め、さらに美樂にも暴言。

お父さんとのことが根底にあるみたいだけど、以烈は何も言い返しません。。

落ちこんだ以烈を見て、美樂は家に帰らず、食パンを作りに以烈の家へ。

そこで以烈から、自分の父親と前の彼女が恋愛をして、家を出て行ったことを話します。

だからって・・・ママがあれだけ以烈を責める理由がわからないのですが(汗)

だって辛いのは以烈だって一緒でしょ・・・

ギターは彼女と付き合っていた頃に、買ったものだったようですね。

そのギターをぶっ壊した以烈。

美樂は子供の頃、両親が離婚した時、両親が頭の良い兄を取りあい、出来の悪かった自分を譲りあっていたのを見て、必要とされる人になろうと思ったことを話します。

それを聞いた以烈は、


我的愛好


我的愛好

このシーン好きラブラブ


我的愛好


我的愛好

「誤解しないで。私はただあなたを慰めただけだから・・・

ううん、違うの。。。私はただ・・口が渇いて・・・何言ってるかわからないわ。帰るね」

とあわてて帰っていきましたが、翌日も、以烈のことが頭から離れてなさそう。

そりゃぁ、そうだ

韓ママは以風と美樂が別れたのは、完全に以烈のせいだと思ってますね。

以風に昨日の出来事を話し、パン屋を美樂に譲ってはいけないと言います。

その翌日?美樂が仕事に行こうと家を出たら、以烈が待ってました。

美樂は断るけど、以烈は強引に美樂を車に乗せてパン屋へ。

美樂がパン屋に入っていくと、以烈の車から出てきたのを見ていた韓ママがいました。

あぁ。。。完全に誤解を助長させてます。

瑄瑄に上手く言いくるめられている韓ママは美樂の敵にガーン

次の日に家まで迎えに来た以烈に美樂は「もう彼らの前で私たちが恋人のふりをする必要はないわ」と。

それでも引きさがらない以烈。美樂のこと好きだもんね。

でも美樂「私たちはありえないの」

王おばさんは以烈とのこと、応援してるみたいだけど・・・

以烈からの電話で以風とホテルの仕事の打ち合わせに向かう美樂。

以風と一緒にいて自分の気持ちの変化に気付きはじめた美樂。

以風は美樂に以前と変わったね、と言うけど

美樂は「洋服のせいよ」と。。

「以烈は君のことをよくわかっているんだろうな」

「そうだね」(←以烈がいきなり登場)

あっさりと美樂の肩を抱き、その場を後に

どこまでも諦めない以烈

ちょっと強引すぎだけど、美樂も以烈のこと好きみたいだからいいのか?