我的愛好

台湾ドラマと台湾と食べ飲み歩きと、たまに沖縄

螺絲小姐要出嫁 16話

今回は『ビビアンと廷媛、思儀の会社での立場を弱くするために次なる手を企てる』の巻

ビビアン企画の食事会が終わり、思儀をめぐって丞寛と以尊がバチバチ爆弾
どちらの車に乗せるか・・・ってことなのよね。
思儀の気持ちはもちろん丞寛だけど。

「ついでに(思儀の家のクリーニング店に)預けた洋服を受け取るから」という口実の元、ビビアンの車に乗るように言われた思儀。
心配そうな丞寛。。。

車の中で、散々ひどいことを言われた思儀だけど、負けません。
「あなた愛を知ってる?彼の幸せを考えたことある?彼の今の立場がなくなっても愛せる?」
言い返せないビビアンはヒステリックになるばかり・・・
「あなた将来、彼に何をあげられるの?クリーニング店?」
でも彼女の持っているものって、パパの会社とお金。
その会社だって丞寛の力を必要としているんだけど。

思儀の家の前には丞寛と以尊の姿あせる
結局ビビアン、思儀を送り届けるだけで帰って行ったわ。。。いいのか洋服。


仕事で失敗してた後輩の妙津を注意する思儀。そこにビビアンがやってきて妙津をかばい、廷媛は思儀をいじめてる先輩呼ばわり。
さらにビビアンは妙津にヴィトンのバックをプレゼントし、自分のイメージアップを図ります。

廷媛がさらに次なる手
思儀の後輩に、「一見、害がなさそうな人に限って怖いのよ。」と思儀の悪い噂を吹き込みます。
周りから固めて、会社に居づらくするんですね。
コワッ
会社の女子たちに悪い噂をされていることを知った思儀、丞寛との距離を取ろうとし始めます。

そんな時、丞寛の媽媽が高血圧で倒れます。
ちょうどビビアンが高媽媽を訪ねていたときだったので、事なきを得たのですが・・・
「ちゃんと薬を飲んだのに、血圧が下がらなかったのよ〜」と高媽媽。
前回、高媽媽が「(たくさん薬があるから)飲み間違えないように〜」みたいなことを言った時、ビビアンが薬の瓶をチェックしていたのが気になったんだけど、ビビアンの仕業かしら・・・
命にも関わるから、さすがにそんなことしない?
いやぁ、ビビアンって人間の心持ってなさそうだから、やりかねないよね。

高媽媽のお見舞いに友人である例の占い師がやってきます。
丞寛を見て(というか、彼を触れることで)
「あなたの本命はビビアンじゃない」と言い当てます。
やっぱり当たるべーっだ!
「運命に逆らうと大変なことになるわよ」
と意味深なことを言って、帰ります。

勝君とお見舞いにやってきた思儀は、エレベーターを降りたところで占い師リリーに再会。
思儀か落とした財布(?)に入っていた丞寛の写真を見て、「あなたは単なる浮気相手よ」と。。。

「あなたとの賭けは関係なく、私は本当に彼のことが好きなの」
「言ったでしょう。あなたは孤独な人生を送るのよ。あなたに出会ってから高丞寛は不運続き。あなたは愛する人を不幸の道連れにするのよ」
確かに思い当たる節がたくさんあるのよね。。。
思儀は結局、お見舞いを勝君に任せて帰ります。
すべてを陰に隠れて聞いていた丞寛。
よかった〜、聞いていてくれて。

リリーが言っていることは、丞寛はビビアンと結婚するのが運命であり、それに逆らうと、良くないことが起こる・・・ということなのかな。
思儀が孤独な人生を送るっていうのも、当たりなのだろうか・・
ここまでイロイロと言い当ててるから怖いわぁ。。。