我的愛好

台湾ドラマと台湾と食べ飲み歩きと、たまに沖縄

お昼12時のシンデレラ16話〜17話♪

バレンタイン当日
フォン・トンがいつも通り帰宅すると聞いたリーシューのテンションは高め。
ジョン様がサプライズで登場するも、リーシューのあからさまなガッカリ顔はジョン様に失礼すぎじゃないですか?
まぁシャンシャンに夢中なフォン・トンもリーシューに対して、同じような態度を取っているような気がするけど汗

バレンタインの件、お客様にけがをさせてしまった一連の出来事で
振られる覚悟だったシャンシャンですが、フォン・トンには当然その気はなく
2人の絆はより一層深まったということでしょうか。

学生時代にリーシューがフォン・トンに想いを告げようと渡した本の行方を探していたことをきっかけに、フォン・トンはリーシューの想いを知ることに。
彼は何も言わず、知ったことすら隠し、何事もなかったかのように過ごしますが・・・

リーシューは、フォン・トンから贈られた写真の裏に、熱い想いが書いてあるのを見つけます。
フォン・トンからのメッセージだと勘違いして、浮つきますが
フォン・トンから「僕の筆跡ではない」「裏にそんなことが書いてあるとは知らずに贈った」と告げられ、ジョン様にあたるリーシュー

恋は盲目

これって、本のいきさつを聞いたジョン様が最近書き込んだものかなぁと思ったのですが、フォン・トンの言い方だと、もっと前に書き込んだっぽい。

ジョン様がリーシューに謝ることで、一応仲直りをしましたが
リーシューも彼の気持ちを少し考えてもいいと思うけど
他に好きな人がいると、他の男はたとえいい男でもどうでもよくなるんでしょう。
でも勿体ない汗

フォン・トンのことを諦めたはずのリーシューは、シャンシャンのことを見下しているような発言がチョイチョイあってコワイ〜(>_<)

それにしても、フォン・トンはすっかり溺愛してますね。
会社への送り迎え、晩御飯は必ず一緒。。。
会社の人たちにも二人の仲は知れ渡り、シャンシャンはいろいろと大変そうあせる
シャンシャンが居候をしているリウリウは同棲をしていることを知り、今すぐ引っ越せとフォン・トン。
彼は出張中だから〜とフォローをするも、
彼女が他の男が寝ているベッドを使うことが嫌らしい。
そりゃぁそうだ(笑)