我的愛好

台湾ドラマと台湾と食べ飲み歩きと、たまに沖縄

お昼12時のシンデレラ24話

またまたリーシューがやってくれました!な24話です。

このドラマにはまった頃、某動画サイトにてこの24話見てしまい
日本語訳付きで見るのを、すごく楽しみにしていました(^^ゞ

ジョン様の部屋に行ったリーシューは、女性の声を聞いて
飛び出します。
ジョン様も彼女のことが好きなのに、何で他の女を部屋に入れちゃうかなー
遊び人を装ってるだけだと思っていたのですが、残念です。

家に戻ったリーシューの様子がおかしいからと、フォン・トンが話を聞きに行っている間に
本に挟まっていた手紙からリーシューの想いを知ってしまっていたシャンシャン。
ふたりの元へ行き、二人のキス現場を見てしまいます。

シャンシャンに泣きながら責められるフォン・トンの表情がせつなくて泣けます。
シャンシャンにはフォン・トンを信じて欲しいけど、彼女にとってはこれが初恋だし、
そりゃあショックでそれどころじゃないですよね。
しかも相手は一緒に住んでいるリーシューだもん。

涙にくれるシャンシャンに助言をする親友&リウリウ。
フォン・トンと結婚しても彼女の存在はつきまとう。とリウリウ
彼とこのまま別れても彼女の思うツボよ。と親友

翌日、退職届を出すつもりでシャンシャンが出社すると待っていたのは
ジョン様とユエの旦那様

ふたりに拉致(笑)され、説得されるシャンシャン。
賭けをしていたり、ボーナスやこれからの生活のこととか、心配ごとをちらつかせたりして
ふたりとも単純なシャンシャンの性格をよく知ってますね。
うまいこと引き留めに成功。

さて、これからフォン・トンはどうするのでしょう。

シャンシャンを傷つけてしまった。傷ついた彼女を見て、胸が痛んだ
とジョン様に話すくだりが涙・涙でした。